セルティックス復帰で第2の全盛期を迎えたアル・ホーフォード、2年2000万ドルの契約延長に合意

セルティックス復帰で第2の全盛期を迎えたアル・ホーフォード、2年2000万ドルの契約延長に合意

2022/12/03 07:30
アル・ホーフォード

大金に釣られての移籍は「多くのものを無駄にしてしまった」

セルティックスはアル・ホーフォードと2年2000万ドル(約18億円)の契約延長を結んだことを発表した。両者は2019年に一度は別れを経験しているが、それが失敗だったことをそれぞれ痛感し、今度は何の波風も立つことなく交渉がまとまった。

ホーフォードはNBAキャリアをスタートさせたホークスを2016年に離れ、フリーエージェントでセルティックスにやって来た。2019年、延長交渉は折り合うはずだったのだが、好条件で横槍を入れたセブンティシクサーズとの契約を選ぶ。「僕にとってベストの選択だ」と彼は語ったが、結果的には大失敗だった。

ジョエル・エンビードとホーフォードを並べるシステムは機能せず、ベンチスタートに回ることに。4年1億900万ドル(約150億円)の大型契約を結んだにもかかわらず、1年でサンダーへとトレードされた。再建中のサンダーはベテランよりも若手を優先。2020-21シーズン途中で彼は試合で使わず、若手の指南役としてチームに帯同させることが発表された。「チームの方針は理解している。自分の経験を若手に伝えたい」と彼は殊勝に語ったが、戦力として期待されないことに忸怩たる思いはあったはずだ。

そのホーフォードを苦境から救ったのはセルティックスだった。ブラッド・スティーブンスはヘッドコーチから球団社長に転じると、真っ先にホーフォードを連れ戻す。セルティックスにはマーカス・スマート、ジェイレン・ブラウン、ジェイソン・テイタムとリーダーシップを執る選手が複数いるが、ホーフォードほどの存在感は望めない。シーズンを通して規律を守り、チームが戦う集団でいるためには、ホーフォードの力が必要だとスティーブンスは理解していた。

一度セルティックスを離れたことで、ホーフォードは大金を手にしたことになるが、彼自身は「多くのものを無駄にしてしまった」と後悔しかない。

だが、チャンスは再び訪れた。セルティックスでの彼は、36歳の大ベテランでありながら不動のレギュラーとして活躍している。昨シーズンはNBAファイナルに進出し、今シーズンも18勝4敗とリーグトップの快進撃を続けている。

スティーブンス球団社長は「アルはチームの重要なパーツだ。攻守両面で周囲の選手を引き上げることができ、その姿勢はNBAで勝利を得るための手本となっている。彼のリーダーシップはチームに大きな影響を与えてきた」と、その貢献を絶賛している。

一時はキャリア存亡の危機に直面していたが、今は第2の全盛期を迎えている。10.9得点、6.3リバウンドというスタッツでは、アル・ホーフォードの価値は計れない。

RECOMMEND