来オフ、フリーエージェントのケビン・デュラント「大型契約のことを考えている」

2018/10/28
NBA&海外
7144

ケビン・デュラント

写真=Getty Images

次の契約は複数年1億ドル超は確実

ケビン・デュラントは、2019年のオフに去就が最も注目されるフリーエージェント選手の一人になる。2016年にフリーエージェントの権利を行使しウォリアーズに移籍した時は、チーム事情を考慮し、1000万ドル(約11億2000万円)以上の減額に応じる『男気対応』を見せた。だが次の契約では、スター選手に相応しい大型契約を希望している。

10月24日のウィザーズ戦後、デュラントは本音を語った。「自分が手にできる金額について考えている。自分は一度も大型契約を結んだことがないんだ。周りの選手が大きい契約を結んだのを見てきただけ。彼らが良い契約を結べて良かったと思う。でも、自分にだって大型契約が相応しいと思う。本音で言って、今は、大型契約のことを考えているよ」

この3年間ウォリアーズとプレーヤーオプション付きの単年契約を締結してきたデュラントが最後に複数年契約を結んだのは、サンダー時代にまで遡る。3年目を終えた2010年に結んだ5年8900万ドル(約99億6000万円)の延長契約も大型契約だが、その後NBAが『ESPN』、『TNT』と巨額の放映権契約を結んでリーグの収入が急激に増加し、それに伴いサラリーキャップの額も増額され、スター選手たちは軒並み1億ドル(約111億円)超えの超大型契約を手にしている。

もしデュラントが来夏ウォリアーズと再契約する場合、チームは最大で5年2億2100万ドル(約247億円)の契約を提示できる。仮に他チームに移籍する場合でも、4年1億6400万ドル(約183億円)の契約を手にできる計算だ。現代のNBAで1、2を争うスコアリングマシーンのデュラントの希望は、必ず叶うだろう。ただ、それがウォリアーズになる可能性は低いかもしれない。なぜなら、今シーズン終了後にはデュラントの他にもクレイ・トンプソンがフリーエージェントになるからだ。

チームの理想は2選手との再契約だが、2人とマックス契約を結べば、高額なラグジュアリータックスをリーグに納めなければならなくなる。以前から残留を希望しているトンプソンが大幅な減額を受け入れる可能性もあるが、生え抜きの同選手こそ、ここ4年で3回の優勝に貢献した功績に相応しい金額で再契約すべきという意見は多い。また、2020年のオフには、もう一人の生え抜き選手であるドレイモンド・グリーンもフリーエージェントになるため、ウォリアーズが今のコアメンバーを今後も維持できるかどうかは微妙なところだ。

一連の発言は、今シーズンを最後に現在のチームが解体される可能性を理解した上でのものだろう。もしかするとデュラントは、スリーピート(3連覇)をウォリアーズでの『集大成』として考えているのかもしれない。