バトラーのトレード問題を抱えるウルブズ、今度はロケッツのトレード案を拒否?

2018/10/27
NBA&海外
5223

ジミー・バトラー

写真=Getty Images

ドラフト1巡目指名権4枠と2選手は破格の条件か?

トレーニングキャンプ前にティンバーウルブズにトレードを要求したジミー・バトラーは、今のところウルブズでプレーし続ける公算が高い。

先日ヒートとの交渉が頓挫したのに続いて、今度はロケッツがドラフト1巡目指名権4枠に加えて、ブランドン・ナイトとマーキーズ・クリスを付ける条件をウルブズに提示したと報じられたが、このオファーにもウルブズはGOサインを出さないだろうと、『The Athletic』が伝えた。

一見すると、ドラフト1巡目指名権4枠というのは破格の条件にも思えるが、ジェームズ・ハーデンとクリス・ポール中心のチームならば、毎シーズン西カンファレンス上位が見込めるため、譲渡された指名権が上位指名権に化ける可能性はまずない。また、バトラーの年俸にマッチするために提示されたナイトとクリスは今シーズンまだ1試合にも出場していない上に、ウルブズのローテーションに入れるかどうかも定かではない。バトラーと交換して得られるメリットが少ないのであれば、さらに好条件を提示するチームが現れるのを待つと考える方が自然だ。

ヒートと話し合いを再開させる、または開幕ダッシュに失敗したセブンティシクサーズが名乗りを挙げるとも言われているが、よほどの好条件を提示しない限り、ウルブズが首を縦に振るとは思えない。

幸いなのは、これだけ話が二転三転しても、バトラーのモチベーションに影響が一切ないことだ。コートに立てば、チームの勝利に全力を尽くす彼の姿勢は最早称賛に値する。やはり現段階では、このままシーズン終了までバトラーがウルブズの選手としてプレーする可能性が最も高いのではないだろうか。