王朝を築いたウォリアーズの指揮官スティーブ・カーが語る自信「リーグでどのチームよりも継続性を持っている」

王朝を築いたウォリアーズの指揮官スティーブ・カーが語る自信「リーグでどのチームよりも継続性を持っている」

2022/08/03 15:00
ウォリアーズ

ウィギンズ、プール、ルーニーがコアメンバーに加わる

これまでにNBAで黄金期を築いてきたチームには、絶対的なコアメンバーがいた。

ブルズはマイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペン、スパーズにはティム・ダンカン、トニー・パーカー、マヌ・ジノビリ。そして、ここ8シーズンで4度のNBA優勝、6度のファイナル進出を成し遂げているウォリアーズにはステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンの3人がいて、彼らを中心としたチーム作りで王朝を築き上げた。

カリーが34歳、トンプソンとグリーンがともに32歳と決して若くはない。今後数シーズンはコアメンバーとしてウォリアーズを牽引できると思われるが、年齢を加味すれば、世代交代を進めなければならない時期が近づいているとも言える。

それでも、指揮官を務めるスティーブ・カーは『The Athletic』の取材で、「私たちはリーグでどのチームよりも継続性を持っている」と言うと、アンドリュー・ウィギンズ、ジョーダン・プール、ケボン・ルーニーの名前を挙げて、彼らが新しいコアメンバーになると続けた。「ウィギンズとジョーダンは多くを経験して、組織としての知識を得てくれた。私たちは本当に強力な基盤を持っている。それこそが、このリーグで最も重要なことなんだ」

「昨シーズンの開幕前も基盤はあった。ただ、その時は自分たちが本当にチャンピオンシップを争えるチームなのかは分からなかった。だからこそ、18勝2敗でシーズンのスタートを切れたのは大きかったし、それでより自信を持つことができた。今シーズンはディフェンディングチャンピオンとして挑むが、それが何かを保証してくれるわけじゃない。でも、NBA優勝という結果が、自分たちが何者であるかという自信を与えてくれる。それに、メインの6人はチームに残っている。彼らは毎試合の多くの時間でコートに立ち、このチームの基盤になる」

ウィギンズ、プール、ルーニーだけでなく、2年目を迎えるジョナサン・クミンガやモーゼス・ムーディー、昨シーズンの全休を経て先日のサマーリーグで復帰したジェームズ・ワイズマンなど、ウォリアーズには将来が楽しみな若手も多い。コアメンバーの年齢が上がっても、世代交代の準備はできている。ウォリアーズ王朝はもうしばらく続きそうだ。

RECOMMEND