レブロンがNBA開幕戦でトリプルダブル! 尻上がりに調子を上げたキャバリアーズがニックス相手に貫禄の勝利

2016/10/26
NBA&海外
831

写真=Getty Images

NBA開幕戦、ビッグ3が圧巻のパフォーマンスを披露

昨シーズンの王者キャバリアーズと大型補強を敢行したニックスの戦いは、後半に実力を発揮したキャブスが117-88で開幕戦を白星で飾った。

試合前の優勝リング授与式、バナー掲揚のイベントで士気が高まったキャブス。満員のファンの前で、レブロン・ジェームズがゴール下に走り込むJR・スミスへ針の穴を通すかのようなノールックパスを見せ、さらにはオフェンスリバウンドからダンクを見舞う。第1クォーターの最後にはケビン・ラブの3ポイントシュートも決まり、10点のリードを奪った。

ニックスでは新戦力のデリック・ローズがキレのある動きを見せる。ドライブレイアップで先制点を奪ったローズは、第2クォーターに入りレブロンがベンチに下がった時間帯に全盛期を思わせるスピーディーで力強いプレーを披露し、オフェンスを牽引。クリスタプス・ポルジンギス、ジャスティン・ホリデーの3ポイントシュートも決まり、3点差まで追い上げて前半を終える。

しかし迎えた第3クォーター、キャバリアーズが王者の力を見せる。ディフェンスのギアを1段上げてターンオーバーを誘発し、レブロンがブロックショットで得点を許さない。その間にオフェンスのリズムをつかむと、ラブ、カイリー・アービング、チャニング・フライの連続3ポイントシュートが決まり、ニックスを突き放す。

尻上がりに調子を上げるキャブスを引っ張ったのはアービングだ。抜群のキレとボールハンドリングでディフェンスを切り裂きタフショットを沈める。レイアップ、ミドルシュート、3ポイントシュートと第3クォーターだけで16得点を荒稼ぎするアービングに引っ張られ、キャブスが82-64と大量リードを奪った。

終盤、キャブスはセカンドチームも力を発揮し、ニックスに付け入る隙を与えることなく、117-88で初戦を勝利で飾った。

レブロンが19得点11リバウンド14アシストのトリプルダブル。アービングが29得点4アシスト、ラブが23得点12リバウンド3スティールと、ビッグ3が期待通りの活躍を見せ、ファンの期待に応えた。

敗れたニックスはアンソニーが19得点、ローズが17得点、ポルジンギスが16得点を記録するが、アンソニーとローズともに4ターンオーバーを犯している。

キャブスの第2戦は、昨シーズンのカンファレンスファイナルで戦った相手、ラプターズ。敗れたニックスはホームにグリズリーズを迎える。