今日は8会場でB1開幕! 福岡vs栃木はチャレンジャー精神がカギを握る試合に

2018/10/06
Bリーグ&国内
2460

Bリーグ

文=丸山素行 写真=バスケット・カウント編集部、古後登志夫

田臥「挑戦者の気持ちを持って戦っていきたい」

他のチームに先駆けて行われた千葉ジェッツvs川崎ブレイブサンダースが盛況のうちに終わり、今日は他の16チームも開幕を迎える。Bリーグ初代王者の栃木ブレックスは敵地に乗り込み、ライジングゼファーフクオカと対戦する。

福岡はB3からスタートし、連続昇格でB1の舞台へと上がって来た相手。昇格組であることを軽視せず、むしろB1昇格を果たして初めてのホームゲームでの『勢い』を誰よりも警戒するのが田臥勇太だ。「昇格の勢いはすごいと思うし、福岡という土地も元気があります。僕らはそのアウェーでの戦いとなるので、福岡の勢いに負けないようにしっかり準備して、挑戦者の気持ちを持ってチーム一丸で戦います」

山下泰弘も「栃木はBリーグ初代王者の強豪。全体でバランスの取れたチームなので、僕たちは必死にチャレンジしていきたい」と語り、どちらも挑戦者としての姿勢を崩さなかった。

チームの平均年齢が29.2歳と、ベテランが多いフクオカだが、チームが目指すバスケットは学生のような走るバスケットだという。「河合(竜児)ヘッドコーチが『学生より学生らしく』と言っているので、そこを発揮していきたい。僕たちは平均年齢が高いチームですが、若い選手に負けないようにしっかり走っていきたいです」

年齢のことを言えば、田臥は昨日(5日)で38歳を迎えた大ベテランだ。それでもB1の第一線で活躍し続けるレジェンドは、ハードワークをし続け栃木が目指すバスケットを先頭に立って体現する。「ディフェンスから全員で守って、全員でリバウンドを頑張って、ルーズボールも負けないように走って、オフェンスにつなげる。そこは昨年から変わりません。それを質を高く、強度を高くやっていくのが自分たちのスタイルだと思っています。長いシーズンに向けて全員で力を合わせて戦っていきます」

ライジングゼファーフクオカ

「危機感を持ってやらないと、B1では勝っていけない」

今シーズンから新たに福岡に加入した城宝匡史も「本当に挑戦者の気持ちで、みんな危機感を持ってやらないと、B1では絶対勝っていけない」と警鐘を鳴らす。

ケガ明けでコンディションは万全ではないが、新天地での開幕に向けて気合いは十分。「ディナイも厳しいし、ディフェンスをすごくハードにやってくるので、そこをいかにうまくかわせるかが大事」と、栃木の強さを十分に認識しながらも、不利な予想を覆して勝つイメージは出来上がっている。

「富山のシーズン、自分が25点取って栃木に勝った試合があるんです。その良いイメージを持って再現したいです。その時は脱臼からの復帰戦で、しかもインフルエンザにもかかって2週間何もしないで栃木に行ったんですけど、すごくシュートが入って勝ったんです」

また城宝は富山時代のチームメイトである山崎稜に対し、「あいつに3ポイントシュートは打たせたくないです」とライバル心を露わにしている。

シーズン開幕を勝利で飾りたいのはどちらのチームも同じ。初のB1に士気が高い福岡か、タイトル奪還を狙う栃木か。両者の思惑が激突する開幕戦は、福岡市民体育館で18時5分ティップオフとなる。