ウルブズにトレードされたジミー・バトラー、古巣ブルズのスタッフに寿司をご馳走

2017/08/10
NBA&海外
34

写真=Getty Images

感謝の気持ちを伝えるため裏方スタッフに大盤振る舞い

今オフにブルズからティンバーウルブズにトレードされたジミー・バトラーは、まだトレードが噂段階だった時から、ブルズ残留を希望していた。だが、ブルズとウルブズにとってのメリットが合致し、

バトラーは新天地で再スタートを切ることに。 バトラーはトレード成立直後、Instagramにシカゴと球団に対する感謝の気持ちを綴った惜別メッセージを投稿した。

Chicago, What can I say?! I truly struggle with the words because you've been so much more than just my home for the last 6 years, you've been my life! You've embraced me like a son and pushed me to get better every day, every season. I can honestly say that I have always been incredibly motivated to succeed; it's just the way I'm built. But I know I owe so much to the person I am now, and to the player that I've become, to you. You always pushed me to never give anything less than my absolute best night in, night out. That's what you expected. That's what you deserved. And, I hope you know that's what I dedicated my life to every time I walked into the facility or stepped on the floor of the United Center. Thank you to the entire Bulls organization and Reinsdorf Family for taking a chance on me in 2011 and for giving me the opportunity to play the sport I love for such a great franchise. I'll never forget the feeling I had when I was drafted and when I played my first minutes. It's an experience that I wouldn't have wanted with any other team and I'm so thankful to you for giving me that opportunity. Chicago, I love you. Thanks for embracing a kid from Tomball like one of your own. On to a new home and a new organization. Thankfully, with some familiar faces! PS… AND PROBABLY MOST IMPORTANT! THANK YOU TO EVERYBODY BEHIND THE ORGANIZATION THAT DO NOT GET THE SHINE THAT THEY DESERVE!! YALL ARE THE REAL ALL-STARS!! – Jimmy G. Buckets (@staceyking21 )

Jimmy Butlerさん(@jimmybutler)がシェアした投稿 –

チームも変わって心機一転し、すでにウルブズの選手として歩み始めた。それでも、シカゴと球団に特別な感情を抱いているバトラーには、やり残したことがあった。

ドウェイン・ウェイドのキャンプに参加した8月6日の夜、シカゴ市内で大勢と行動を共にするバトラーの姿が確認されたのだが、その理由が実に彼らしい。

『Chicago Tribune』によれば、バトラーはブルズのスタッフ35名前後を引き連れて馴染みの寿司レストランを訪れ、夕食をご馳走したという。

バトラーが夕食に招待したのは、ブルズの営業担当、広報、デジタル担当という、いわゆる裏方のスタッフ。『Chicago Tribune』が伝えた関係者の話によれば、バトラーは、ブルズでお世話になったスタッフに、御礼の気持ちと最後の別れを言いたかったのだという。

長く在籍すれば、それだけスタッフとも親密になり、移籍してからも交流が続くケースはある。しかし、裏方のスタッフにまで気を利かせるスター選手は稀だ。

ブルズのスタッフにもきちんと別れを伝えられたバトラーは、これで心身ともに新シーズンを迎えられるはず。周囲への心遣いを欠かさないバトラーは、間違いなくミネソタでも多くのファン、球団スタッフに愛されるはずだ。