ジェームズ・ハーデンとジョン・ウォールがマイアミのローカルリーグで共演、圧倒的なパフォーマンスを披露

2017/08/03
NBA&海外
24

写真=Getty Images

圧倒的な個の力、華麗なプレーの共演で大会を盛り上げる

来シーズンからロケッツで共闘するクリス・ポールとジェームズ・ハーデンが、NBAシーズンに先立ちロサンゼルスのプロアマリーグ『Drew League』でプレーしたことが話題になった。同じチームの2人が調整をかねてプレーするのは驚きではない。だがもし、所属先が異なる『スーパーマックス契約』級のスーパースター選手が同じチームでプレーする姿を見られたとしたら、ちょっとした『ドリームチーム』の実現とも言える。

なんと、ロケッツのハーデンと、ウィザーズのジョン・ウォール、NBA強豪のスタープレーヤーが、マイアミのローカルリーグ『Miami Pro League』で共演したのだ。

This IS MIAMI PRO!!!?????????? #Playoffs #NeverKnowWhoMightPullUp #ThisIsMIAMIPRO??????

Miami Pro Leagueさん(@miamiproleague)がシェアした投稿 –

2人は同じ青のユニフォームを着てプレー。両選手ともに相手との1対1ではマークマンを寄せ付けず、ウォールはビハインド・ザ・バックで簡単に相手をかわし歓声を集めた。

試合はウォールとハーデンがいないチームの勝利に終わったそうだが、会場に集まった観客は、今オフに2億ドル(約221億円)前後の超大型契約を手にしたスーパースター2人のプレーに酔いしれた。普段はカンファレンスが異なり、オールスターゲームでも東西に分かれる2人が共闘できるのも、NBAのオフシーズン期間中に開催されるローカルリーグの醍醐味だ。