2017-18シーズンからNBAのユニフォームはナイキ製に、カイリーやグリーンも絶賛

2017/07/20
NBA&海外
26

協力=nike

各チームに4つの基本ユニフォームを作成、順次発表

NBA全チームのユニフォームはアディダスからナイキに切り替わる。ナイキとNBAはNBAが2017-18シーズンの新ユニフォームを発表した。

今回のパートナーシップにあたり、現役NBAプレイヤーから得たインスピレーションをもとにユニフォームを作成。その結果ユニフォームの重量、フィット性、構造を飛躍的に改善することに成功。従来のNBAユニフォームよりも水分を逃しやすいものにし、現行のユニフォームよりも30%早く汗を吸い取り、15%早く乾くように仕上がった。

キャバリアーズのカイリー・アービングは「新しいフィット感と着心地を味わうのが楽しみ」と、ウォリアーズのドレイモンド・グリーンも「見た目と着心地が良ければ、良いプレーができる」とコメントしている。

またユニフォームの呼称に関し、これまでの「ホーム」と「ロード」を撤廃。これまではホームチームが白か淡色を着用し、ロードチームが濃色を着用していたが、新シーズンからは4種類のユニフォームの中からホームチームが1色を選び、相手チームが対照的なカラーのユニフォームを着用することになる。