セルティックスに妨害工作の疑惑、ブルズのドウェイン・ウェイドが「シャワーのお湯が出ない」と苦情

2017/04/28
NBA&海外
12

写真=Getty Images

『ホームアドバンテージ』を生かし(?)勝ち抜けに王手

東カンファレンス1位のセルティックスはシリーズ初戦からブルズに連敗を喫する不安なスタートを切ったが、敵地での第3戦から3連勝で王手をかけた。今シリーズにおいてホームで待望の初勝利を挙げた4月26日の試合後、ブルズ側から出た苦情が話題になっている。

『Chicago Tribune』記者のK.C.・ジョンソンによれば、試合後ドウェイン・ウェイドがシャワールームの蛇口からお湯が出ないことを伝えたという。3連敗を喫したブルズからすれば、汗とともに悔しさをも綺麗さっぱり洗い流したいところ。それなのに冷水を浴びるか、ホテルに戻るまで我慢するかの二択を迫られたということだ。

ホームで連敗を喫し、負ければ王手をかけられる状況。このタイミングでビジターチームのロッカールームにだけ不具合が起こるのは不自然と言わざるを得ない。

NBAの場合、敵チームの不快感を故意に煽るような『仕掛け』を行なうケースは少なくないと言われている。次の第6戦はブルズの本拠地ユナイテッド・センターで行なわれる。ブルズにとっては負ければシーズン終了となるだけに、チームをサポートするため、アリーナスタッフ総出でセルティックスに対する何らかの『仕掛け』を考えているかもしれない。

本来であれば決着はコートの上でつけるものだが、勝つことで得るもの、負けることで失うものが大きいポストシーズンだけに、綺麗事だけでは片付けられないとしても無理はない。