スキルではなく身長がまだ『成長期』にある2016年ドラフト1位選手のベン・シモンズ、『7フッター』まであと少し

2017/04/09
NBA&海外
43

写真=Getty Images

来シーズンから先発ポイントガードを務める『救世主』

デビュー前からマジック・ジョンソンやレブロン・ジェームズと比較されているセブンティシクサーズのベン・シモンズ。今シーズンは足の負傷で残念ながら全休に終わったものの、休養期間中にもコンディションに留意しながらスキルアップに励んでいる。

だが、身体能力とスキルだけではなく、サイズまで成長していたというのだから驚きだ。

フィラデルフィアの地元ラジオ局『WIP-FM』のシクサーズ担当リポーター、ジョン・ジョンソンによれば、現在のシモンズの身長は7フッター(213cm)近くまで伸びているそうだ。ドラフト時点でのデータでは208cmだっただけに、来シーズン開幕にデビューを飾る時には7フッターに到達しているかもしれない。

本来はフォワードの選手だが、ボールハンドリング技術に加えて非凡なゲームメーク能力も備えるシモンズの起用法について、シクサーズを率いるブレット・ブラウンは、ポイントガードとして起用することを考えている。

これだけのサイズに恵まれながら多彩な技術を持つ選手は、現役だとケビン・デュラントかヤニス・アデトクンボくらいのもの。文字通り『育ち盛り』のシモンズは、悔しい1年を経て心身ともに大きくなり、待望のデビューシーズンを迎えることになる。