シクサーズ、キングス、セルティックス、ネッツ……続々とジャージー・スポンサー契約を結ぶNBAチーム

2017/02/12
NBA&海外
42

写真=Getty Images

来シーズンからロゴ入りジャージーがお目見え

NBAが来シーズンから3シーズン限定で試験導入を決めたジャージー・スポンサーシップ。ファンの間では賛否両論ある試みだが、すでにセブンティシクサーズ、キングス、セルティックス、ネッツの4チームがスポンサー契約を締結した。

直近ではネッツがニューヨークを拠点とするソフトウェア開発会社『Infor』とのスポンサー契約を発表。

ジャージーに企業ロゴを入れるだけでなく、同社は選手パフォーマンス改善に繋がるデータをチームに提供するという。

セルティックスは産業機械系会社のゼネラル・エレクトリック(GE)との提携を発表。ネッツと同じく試合に関連するデータを分析し、チームに提供する契約のようだ。

ジャージー・スポンサー契約が認められてから真っ先にアクションを起こしたのはシクサーズ。米国内最大手のチケット販売業者『StubHub』との契約を昨年5月に発表した。2番目に早くジャージー・スポンサー契約を発表したのはキングスで、昨年10月、サクラメントに拠点を置くアーモンドを使った食品会社『Blue Diamond』との契約を結んでいる。

契約内容は明かされていないが、『Forbes』によれば、シクサーズとキングスはそれぞれ3年総額1500万ドル(約17億円)程度の契約を結んだと見ている。

ネッツやセルティックスのようにチームパフォーマンスにとってプラスになる契約もあれば、キングスのようにホームコートに企業ロゴ、ホームアリーナの売店での商品販売という契約になるケースもある。異論は続出するだろうが、各チームの特色が出る試みとも言えるだけに、残る26チームがどういった業種と提携をするのか今後の展開に注目したい。