[CLOSE UP]富樫勇樹(千葉ジェッツ)「リズムに乗れれば力を発揮できる」チームの舵取りを託されて

2017/01/07
Bリーグ&国内
35

文・写真=鈴木栄一

立ち上がりにスイッチが入らない課題を克服して栃木を撃破

オールジャパン男子のベスト8、レギュラーシーズンの成績上位チームが順当に勝ち上がって行く中、唯一の波乱を起こしたのが千葉ジェッツだった。優勝候補の栃木ブレックスを相手に、81-62と大差をつけての勝利。第1クォーターから先行すると、そのまま最後までリードを保つ、内容的にも栃木を寄せ付けない快勝だった。

この試合、19得点6リバウンド5アシストと攻守にわたって活躍した千葉の司令塔、富樫勇樹は「出だしをすごく意識して試合に入りました。第1クォーターでリズムに乗れれば力を発揮できるチームですが、スイッチが入らない時があるので」と、試合の入りが良かったことを勝因に挙げる。

千葉は2016年最後の2連戦となった12月30日、31日の川崎ブレイブサンダーズ戦で連敗。「ともに出だしで15点など、大きく離されてしまった。そこから追いつけたことは良かったですが、入りは反省点でした」と富樫が語るように、敗因は立ち上がりの劣勢。この時の反省をしっかり修正できていることを示した。

Bリーグにおいて千葉は、栃木とここまで3度対戦している。10月1日と2日の連戦ではともに敗れているが、11月23日の試合では敵地で78-69と勝利。「栃木さんにはアウェーで良い形で勝てていたので、チームとして良いイメージを持てていました」と富樫は言う。

カギとなる第1クォーターで8得点4リバウンドと、見事なプレーでチームに流れを引き寄せた富樫の活躍に加え、この試合ではライアン・ロシター、ジェフ・ギブス、竹内公輔を擁し、リーグ屈指の高さと強さを誇る栃木のインサイド陣にゴール下で主導権を与えなかった千葉の外国籍選手の奮闘も光った。

「ヒルトン(アームストロング)のディフェンスは、チームの大黒柱です。彼がいると、すごく安定します。そして、今日はタイラー(ストーン)が良い働きをしてくれました」と富樫は2人を称賛する。アームストロングは4得点5リバウンドのみだが、堅実な守備など数字に現れない部分での貢献が本当に大きい。そしてストーンはゲームハイの25得点を挙げている。

「千葉から来られない距離ではないので後押しを!」

富樫自身のプレーについてはどうだったのだろうか。彼はビッグマンとのコンビプレーとなるピック&ロールからの展開を得意とする。だが、栃木には屈強な肉体と抜群のフットワークを有し、ピック&ロールへの守備に優れたジェフ・ギブスという難敵がいる。

「ギブスと戦う時は常にどこかを痛めますね。あの身体なので一つひとつのコンタクトが、他の選手と比べて痛いんです。ピック&ロールを得意とするので仕方ないのですが、正直に言うとやりたくない相手の一番かと思うくらいです。ショウディフェンスもトップだと思うので、やり辛い」と富樫が振り返るように、この試合も接触プレーで苦痛に顔をゆがめる場面もあった。しかし、苦手というギブスを相手にしても、前述のように素晴らしい数字を挙げている。

これでオールジャパン初の4強入りを果たした千葉。「会場も千葉から来られない距離ではないと思いますので、ブースターの皆さんにはたくさん来てもらって後押ししてもらいたいです」と、明日の準決勝ではリーグトップの観客動員を記録する千葉ブースターの熱い声援を期待している。

「(92-65と圧勝した3回戦の)新潟戦に続いて、チームとして素晴らしいバスケができています」と上昇気流に乗っている千葉が、このまま一気に頂点へと駆け上がるのか。ベスト4でもまずはどんな試合の入りを見せてくるのか注目だ。